朽ちかけの丸盆/Wooden Tray
5eedd29fd3f1672c14b20e64 5eedd29fd3f1672c14b20e64 5eedd29fd3f1672c14b20e64 5eedd29fd3f1672c14b20e64 5eedd29fd3f1672c14b20e64 5eedd29fd3f1672c14b20e64

朽ちかけの丸盆/Wooden Tray

残り1点

¥48,000 税込

送料についてはこちら

当地南木曽の古民家の軒下で野ざらしになっていた浅めの木製丸盆。 南木曽の伝統工芸であるろくろ細工(木板や丸太をろくろに乗せて回しながらカンナで削り出す技術)の一品であると目されます。 欠け目さえ滑らかになるくらいの長い年月、風雨に晒され磨かれてきました。黒々とした渦のような木目も見どころ。 天然塗料の蜜蠟を重ね塗りすることで、木肌を護り、光沢感が出るように仕上げました。 直径:30cm 高さ:3cm 重さ:548g ※通常、発送は1週間以内に行います。 それより後になる場合は、別途ご連絡いたします。 A wooden tray found under the eaves of an old house in Nagiso town. One can see that it was produced on a lathe—a machine that spins pieces of wood around, to enable cutting and shaving—as part of Nagiso’s traditional wood carving industry. The chips and cracks across its edge have been worn smooth by long years of exposure to wind and rain. Of particular note are the beautiful deep black swirls visible in the grain of the wood. Finished with a natural coating of beeswax—both to protect the wooden surface, and to provide a beautiful, glossy finish. Diameter: 30cm Thickness: 3cm Weight: 548g