四つ枠糸巻き 002/Four-Framed Sewing Spindle 002
5eedd456d26fa559474b7e6c 5eedd456d26fa559474b7e6c 5eedd456d26fa559474b7e6c 5eedd456d26fa559474b7e6c 5eedd456d26fa559474b7e6c

四つ枠糸巻き 002/Four-Framed Sewing Spindle 002

残り1点

¥3,000 税込

送料についてはこちら

製糸工程において糸を巻き取るための道具。 この形状の糸巻きは、信州地域においては江戸末期以降、座繰り機という手回し車と合わせて使われてもいたようです。表面が滑らかに磨かれ、角も丁寧に削り取ってあることから、絹糸を傷つけないための丁寧な仕事の跡がうかがえます。 木目が流麗で当時の墨文字も味わい深い品ですので、ディスプレイとしてのご利用もおすすめ。ロールペーパーホルダーの他、ワインなどのボトルホルダーとしても。 幅:15cm 奥行き:15cm 高さ:18cm 重さ:365g ※通常、発送は1週間以内に行います。 それより後になる場合は、別途ご連絡いたします。 A tool used for winding thread during silk production. This type of Spindle has been used as part of a hand-turned spinning machine in Shinano province (modern day Nagano prefecture) from the latter part of the Edo period. One can see how the surface has been worn smooth, and the corners rounded off in order to avoid damaging the delicate silk thread. Of particular note is the beautiful grain of the wood, and the traces of Japanese characters written along the edge, still visible after all these years. Originally a purely functional item, it would be perfect for display around the home. Size: 15cmx15cm Height: 18cm Weight: 365g